統計トピック

降水確率0%でも雨が降ることがある!?天気予報と統計学の意外なつながりをご紹介!

2021年2月7日

   

今回は、天気予報の降水確率と統計学の関係についてお話していきます。

私たちが毎日のように目にする天気予報。

風の強さや気温など様々な項目がありますが、特に注目されるのは降水確率ではないでしょうか。

それによって、出かけるときに傘を持っていくかどうかが変わってきますからね。

さてそんな天気予報ですが、実は統計学と密接な関係があります。

今回は、そんな天気予報と統計学のつながりについてお話していきます。

天気予報とは

そもそも天気予報とは何なのか、気象庁のHPから見ていきましょう。

一般的に皆さんが天気予報と呼んでいるもので、正式には「府県天気予報」といいます。「府県予報区」を地域ごとに細分した「一次細分区域」単位で、毎日5時、11時、17時に発表します。また、天気が急変したときには随時修正して発表します。発表内容は、今日・明日・明後日の天気と風と波、明日までの6時間ごとの降水確率と最高・最低気温の予想です。

(国土交通省 気象庁HPより)https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/kurashi/yoho.html

へえ~!結構細かい決まりがあるんだね!
そうだね!次に、降水確率についてみていこう!
降水確率って雨の降る確率のことでしょ?調べなくても分かるよ
たしかに間違ってはないんだけど、降水確率についても実は細かい定義があるんだ。

降水確率

予報区内で1mm以上の雨の降る確率を、6時間毎に10%単位で発表します。例えば、18時から24時までの降水確率が20%というのは、その期間に1mm以上の雨の降る可能性が100回中20回あるという意味です。確率が高いと雨量が多くなるという意味ではありません。

(国土交通省 気象庁HPより)https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/kurashi/yoho.html

ちなみに、降水確率は1980年から気象庁の天気予報に導入された項目なんだよ!
そうなんだ!知らなかった!
天気予報って流して見がちだけど、意外とたくさんの情報を読み取れたりするから、調べてみると結構面白いよ!

降水確率の計算方法

前項でご紹介した通り、降水確率は予報区内で1mm以上の雨の降る確率を表しています。

そもそも確率とは、「試行を行ったときに、特定の結果がおきる回数の割合」のこと。

そのため、確率のとる値は0から1(0%~100%)の範囲となり、降水確率も同様の範囲をとります。

そんな降水確率はいったいどのようにして求められているのか。

少し見ていきましょう。

降水確率は、過去のデータから算出している!

降水確率は、過去の膨大なデータから算出されるものです。

算出方法は以下の通りです。

降水確率の算出方法

  1. 予報区域内を細かいブロックに分ける。
  2. そのブロック内の天気に関する項目(温度・湿度・気圧・風力など)を測定。
  3. 過去のデータから現状と似たパターンを抽出。
  4. 「そのパターンの時に、100回中何回雨が降るのか」を計算する。
へえ~!雲の動きから降水確率を予測してるんじゃないんだね!ちょっぴり意外!
そうだね!ちなみに、統計学では降水確率みたいに調査する地区ごとに細かくブロック分けするやり方はよく出てくるから覚えておくといいかも!

降水確率0%でも雨が降る理由

ねえ!この前降水確率0%なのに雨降ったんだけど!おかげで濡れたし。天気予報どうなってんの!!!
まあまあ落ち着いて・・・(汗)
実は降水確率の0%は、可能性が0と言うことを示しているんじゃないんだ。
えっ!!!0%なのに可能性が0じゃないってどういうこと!!?
実は、降水確率は1の位を四捨五入した10%単位で発表されているんだ!

つまり降水確率0%というのは、実際には「0~5%未満」ということを示していることになる。

だから降水確率0%でも、絶対に雨が降らないわけというわけじゃないんだ。

同じ理由で、降水確率100%(実際は95%~100%)も確実に雨が降るわけでもないから覚えておいてね!

そ、そうだったのか・・・。今度からは0%でも折りたたみ傘を持って行こう・・・。
めっちゃ用心深くなってる・・・。

天気予報の的中率

天気予報は、蓄積した過去の膨大な天気データをもとに未来の天気を予測するという点で、統計学の強みを生かしたものです。

そして、蓄積した過去のデータを利用するということは、年を重ねるごとにデータ数が増えていくということでもあります。

統計学的には、データ数が増えれば増えるほど、本来の正しい確率に近づいていきます

そのため、毎日毎日少しずつですが天気予報の精度は上がっているということになります。

実際に、気象庁が公開している天気予報の的中率データを見てみましょう。

この35年間の予報精度(東京地方)

昔の天気予報よりも今の天気予報の方が的中率が高いというのは明らかですね!

これぞ統計の力って感じです。

天気予報と統計学のつながりについてのお話でした!

↓この記事を読んだ方の多くは、以下の記事も読んでいます!

【徹底公開】たった3日で統計調査士を取得した勉強法をご紹介!【統計検定】

統計小話①~ギャンブルと統計学~

【副業デビュー】超初心者向けWordPressブログの始め方!【完全版】







  • この記事を書いた人

Nissy

同志社大学卒。 人事・経理、コンサルを経験し、現在はWebマーケティングやSEOライター、ブログ運営など、幅広い活動をしています。 【保有資格】 統計検定2級 統計調査士 ビジネス統計スペシャリスト ウェブ解析士 GAIQ(GoogleAnalytics個人認定資格) 全日本SEO協会認定SEOコンサルタント

-統計トピック
-, ,

Copyright© Nissy BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.