統計学

統計学、データサイエンスに役立つ確率のキホンを徹底解説!

▼運営者イチオシのデータ活用特化型のスクールはこちらから!▼


【説明会無料】これからデータ分析を学びたい方にオススメのオンラインスクール

オススメポイント

  1. 年間2200名の社会人が受講している日本屈指のデータサイエンススクールなので安心!
  2. データサイエンスの基礎や、Excelでのデータ分析など講座の種類が豊富!
  3. 参加無料の説明会、体験会がある!
  4. スクールにありがちなしつこい勧誘がない(←ココ重要!)

確率とは

中学、高校などで習う確率ですが、「確率とは何か」といわれてちゃんと説明できる人は意外と少ないかもしれません。

確率とは、とてもざっくりいうと「あることが起きる結果の割合を数値化したもの」といえます。

確率を考える上で、重要な大原則があります。

  1. 確率は0~1の範囲である。(0%~100%)
  2. 確率0は絶対に起きないことを意味し、確率1は絶対に起きることを意味する。
  3. 確率は、過去の結果に影響されない。そのため、常に一定で変わらない。

この原則は、確率を考える上での基本の考え方ですので、ぜひこの機会に覚えておいてください!

試行と事象

確率を勉強するときによく出てくる言葉として、「試行」「事象」があります。

試行とは、実際になにかをやってみることです。

事象とは、試行をおこなった結果のことです。

Aの結果がBの結果に影響を与えない事象のことを独立事象とよび、同時に起きない事象のことを排反事象と呼びます。

試行か事象かで意味が全然違うので、誤った解釈をしないためにも、この言葉はしっかり覚えておきましょう。

数学的確率と統計的確率

確率を大きく分けると「数学的確率」「統計的確率」の2種類に分けることができます。

数学的確率とは、理屈上の確率のことを指します。

例えば、コインは表と裏の2パターンがあるので、表が出る確率は2分の1です。

サイコロだと、1~6の数字があるので、2が出る確率は6分の1です。

このような理屈上の考え方のことを数学的確率といいます。

一方、統計的確率とは、結果やデータを基に算出した確率のことを意味します。

例えば、コインの表裏を10回投げただけなら、表7回裏3回などの偏った結果になることも多いですが、

コインを100万回投げたとすると、表裏それぞれの出る割合は2分の1に近いものになるというような考え方です。

このような考え方を統計的確率と呼びます。

ちなみに、このコインを投げる回数を増やすほど本来の確率2分の1に近づくといった考え方のことを大数の法則と呼びます。

大数の法則については、以下の記事で詳しく説明しますので、興味のある方は是非読んでみてください!

中心極限定理とは 大数の法則との違いや具体例とともに解説

確率の求め方

続いて、確率の求め方について説明していきます。

確率の算出方法は以下の通りです。

確率の算出方法

「事象Aが起きる確率 = 事象Aが起こる場合の数 ÷ すべての場合の数」

例えば、サイコロを1回投げて2が出る確率を考えてみましょう。

サイコロを1回投げて出る可能性のある目は以下の通り。

1,2,3,4,5,6

ここで2が出る場合の数は1ということが分かります。

また、全ての場合の数は1~6までなので6です。

つまり、サイコロを1回投げて2が出る確率は、1÷6=1/6ということになります。

続いて、サイコロを2回振ったときに2回とも3が出る確率について考えてみましょう。

少し数が多くなりますが、サイコロを2回降った場合のすべての場合の数を書いてみると、以下の通りです。

(1,1)(1.2)(1、3)(1、4)(1、5)(1、6)

(2,1)(2.2)(2、3)(2、4)(2、5)(2、6)

(3,1)(3.2)(3、3)(3、4)(3、5)(3、6)

(4,1)(4.2)(4、3)(4、4)(4、5)(4、6)

(5,1)(5.2)(5、3)(5、4)(5、5)(5、6)

(6,1)(6.2)(6、3)(6、4)(6、5)(6、6)

全ての場合の数は36通りであることが分かります。(6通り×6通り=36通りです。)

この中で、2回とも3が出ているのは、(3,3)の1つだけです。

つまり、サイコロを2回振って、2回とも3が出る確率は、1÷36=1/36ということになります。

確率の注意点

確率を計算するうえでの注意点があります。

それは起きた結果が同時に起こることはないということです。

サイコロでいうと、1の目と2の目が同時に出ることはない、というイメージです。

また、起きる結果に偏りがないこと

例えば、1の目が出やすいサイコロなどでないということです。

このような前提があることを踏まえて確率を計算していきます。

ちなみに、このように偏りがなく同じように起こることを、「同様に確からしい」というふうにも言います。

条件付き確率とは

条件付き確率とは、Aという事象が起きた条件下でBという事象が起きる確率のことです。

以下の記事で、詳細や問題の解き方についても説明しています。

条件付き確率の問題を超簡単に解く裏技!【統計検定2級対策】

ちなみに、条件付確率は、統計検定2級でかなり頻出のテーマですので、受験予定がある方は是非上記記事を読んでみてください。

まとめ

確率は、数学の中でも特に私たちの生活に密接した分野ではないかと思います。

例えば、天気予報の降水確率や、ギャンブルにおける確率など、様々なところで確率が活用されています。

確率の知識を知ることで、その事象が偶然起きたのか、はたまた必然だったのか、など物事の本質を知るうえで役に立てることができます。

統計検定3級の重要用語一気読み!【統計検定3級のキホン】

たった3日で統計調査士を取得した勉強法をご紹介!【統計検定】

統計検定2級の学習にオススメのコンテンツまとめ!

データ分析を学びたい方へ

私自身、今ではデータ分析を仕事の一つにしています。

しかし、未経験スタートだったので、周囲との差もあり非常に大変な思いをしました。。

もし今転職をやり直すならば、あらかじめスクールに通って、ある程度知識を付けたうえで転職すると思います。

データ分析を仕事にしたい方は、一度データミックスの無料説明会に参加してみるのがオススメです!

話を聞くだけでも、自分のキャリアを考えるいいキッカケになると思いますよ!

オススメポイント

  1. 年間2200名の社会人が受講している日本屈指のデータサイエンススクールなので安心!
  2. データサイエンスの基礎や、Excelでのデータ分析など講座の種類が豊富!
  3. 参加無料の説明会、体験会がある!
  4. スクールにありがちなしつこい勧誘がない(←ココ重要!)

↓無料で説明会に参加したい方は、以下のURLから!↓
【データミックス】データサイエンティスト育成スクールの無料説明会参加

  • この記事を書いた人

Nissy

同志社大学卒。 人事・経理、コンサルを経験し、現在はWebマーケティングやSEOライター、ブログ運営など、幅広い活動をしています。 【保有資格】 統計検定2級 統計調査士 ビジネス統計スペシャリスト ウェブ解析士 GAIQ(GoogleAnalytics個人認定資格) 全日本SEO協会認定SEOコンサルタント

-統計学