統計トピック

早生まれの野球選手が少ない意外な理由||誕生日と統計学のつながり

2021年2月7日

こんにちは、西です。

いきなりですが、みなさんは「野球選手は4月生まれが多い!」「早生まれの野球選手は少ない!」

という話を聞いたことがありますか?

一見、野球選手の人数と誕生月は関係がなさそうな気もしますが、

なぜそのような話が出てくるのでしょうか。

本当に野球選手は4月生まれが多い?

まずは、本当に野球選手は4月生まれが多いのか、早生まれが少ないのか、実際のデータを見ていきましょう。

https://baseball-freak.com/birthday/をもとに作成(2019.1.10)

このデータを見ると、

4月に近い選手数は、早生まれの選手数に比べて明らかに多いですよね。

具体的な数値でみると、4~6月の選手数の平均は約94.3人に対し、1~3月の選手数の平均は59.7人と、約35人の差が出ました。

たしかにこのデータを見ると、早生まれの野球選手が少ないという話には納得できます。

しかし、もともと早生まれの人数が少ない可能性も考えられます。

そこで、2017年~2018年の日本の月別出生数をみてみることにしましょう。

人口動態調査をもとに作成

この調査結果をみると、時期ごとの特徴はみられません。

つまり、「もともとの出生数が少ないから、1~3月の方が少ない」という訳ではないということが分かります。

※2月が極端に少ないのは他の月に比べて日数が少ないからだと考えられます。

それでは何故、誕生月と野球選手の数に関連があるのでしょうか。

実はこれには、2つの大きな要因があります。

それは、ピグマリオン効果子供の成長スピードの2つです。

「褒めて伸ばす」は最強の教育法!

ピグマリオン効果は、アメリカの教育心理学者ロバート・ローゼンタール氏が提唱した教育心理学における心理的行動のひとつです。

具体的には、

他者から期待されることで、成績が向上するという現象

のことを意味します。

さて、ここでピグマリオン効果を実証した興味深い実験があるので、ご紹介します。

それは、1964年、サンフランシスコのとある小学校で行われた実験です。

まず生徒に、「ハーバード式突発性学習能力予測テスト」と題した一般的な知能テストを行います。

そのテストの結果から、今後数ヶ月の間に成績が伸びると予想される生徒が誰なのかを担任の先生に教えます。

そして8か月後、もう一度テストを実施すると、成績が伸びると言われた生徒は、実際に他の生徒よりも成績の伸びが優れていたのです。

すごい予測だ!と思うかもしれません。

が、しかし!

実は、この時成績が伸びると言われた生徒は、名簿からランダムに選ばれただけの生徒だったのです。

このような結果になったのは、

成績が伸びるという先生の期待のまなざし

そしてそのまなざしを感じた学生の意識

の2つが、実際に学生の成績を高めたからだといわれています。

恐るべし!子供の成長スピード。

さて、野球選手の数と誕生月の話に戻りましょう。

さきほど、ピグマリオン効果の他に、子供の成長スピードも関係していると軽く述べました。

このことについて解説していきます。

子供の身体の成長スピードが早いというのは、なんとなく想像できるかと思いますが、

それを表したSD曲線というものがあります。

(引用)日本小児内分泌学会:http://jspe.umin.jp/medical/chart_dl.html

0~1歳の成長スピードと、17~18歳の成長を見比べると分かりやすいと思いますが、若い頃の方が、明らかに身体の成長スピードが速いですよね。

特に生まれたての子供の成長スピードは、尋常じゃないです。

さて、ここで考えてほしいのは、4月生まれの子供と3月生まれの子供が同じ学年になった場合の差です。

この場合、同じ学年でも約11ヶ月の成長の差があります。

子供の成長スピードを考えると、11ヶ月という差がかなり大きいということが分かると思います。

そのため、3月生まれと4月生まれの子が同じ学年になって、一緒にスポーツをしたとき、11ヶ月分成長している4月生まれの子の方が優れた結果を残しやすいのです。

その結果、

「自分は運動神経がいいんだ!」と自分に自信を持ちやすくなります。

また優れた結果を残すことで、お父さんお母さんや先生、友人など、周囲の人たちから褒められ、期待のまなざしを受けることが多くなります。

ピグマリオン効果の実験に似てますね。

そうした周囲からの期待が、成長の糧となり、その後も優れた成績を残していく・・・といった好循環につながりやすいのです。

こうした理由で、優れた身体能力を持つ野球選手には4月生まれの選手が多く、早生まれの選手が少ないという現状になっているのではないでしょうか。

まとめ

今回は、野球選手に4月生まれが多い(早生まれが少ない)という話について、解説してみました。

ただし、早生まれでも優秀なスポーツ選手の方はたくさんおられるということは忘れてはなりません。

あくまで1つの傾向として捉えていただければ幸いです。

(※たとえば、オリンピックにおける日本人金メダリストは1月生まれが多いという統計もあります。)

これが野球選手以外ではどうなのか、年度の始まりが異なる他の国ではどうなのか、など色々応用して調べてみると、新しい発見があるかもしれません。

最後に、

皆さんの周りの人で、運動神経のいい人の誕生日を調べてみてください。

もしかしたら、その人は4月生まれかもしれません。笑

【徹底公開】たった3日で統計調査士を取得した勉強法をご紹介!【統計検定】

【これさえあれば大丈夫】統計検定2級の学習にオススメのコンテンツまとめ!

【知らなきゃ損!?】統計検定2級はペーパー試験よりもCBT受験一択!その理由とは!?







  • この記事を書いた人

Nissy

同志社大学卒。 人事・経理、コンサルを経験し、現在はWebマーケティングやSEOライター、ブログ運営など、幅広い活動をしています。 【保有資格】 統計検定2級 統計調査士 ビジネス統計スペシャリスト ウェブ解析士 GAIQ(GoogleAnalytics個人認定資格) 全日本SEO協会認定SEOコンサルタント

-統計トピック
-, ,

Copyright© Nissy BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.