統計学

算術平均と加重平均の違いとは それぞれの特徴や具体例を解説!

2022年1月3日

▼運営者イチオシのデータ活用特化型のスクールはこちらから!▼


【説明会無料】これからデータ分析を学びたい方にオススメのオンラインスクール

~オススメポイント~

  1. 年間2200名の社会人が受講している日本屈指のデータサイエンススクールなので安心!
  2. データサイエンスの基礎や、Excelでのデータ分析など講座の種類が豊富!
  3. 参加無料の説明会、体験会がある!
  4. スクールにありがちなしつこい勧誘がない(←ココ重要!)
こんにちは。統計ブロガーのにっしーです。

今回は、代表値の一種である平均についてのお話です。

↓(代表値については、以下の記事で詳しく説明しています!)

代表値とは 平均値・中央値・最頻値の違いや求め方を解説

平均には以下の4種類があります。

・算術平均
・加重平均
・幾何平均
・調和平均

なかでも、基本的な平均としては算術平均加重平均がよく出てきます。

しかし、それらの違いを理解している人は意外と多くないと思います。

そこで今回は、算術平均と加重平均の違いについて解説していきます。

この記事を読むと、以下のことが分かるようになります!

この記事を読むと分かること

  • 算術平均とは
  • 加重平均とは
  • 算術平均と加重平均の違いについて

最後まで楽しんで読んでください!

算術平均とは

算術平均は、私たちがよく知っている

データの合計をデータの数で割る平均のことです。

別名、相加平均とも呼ばれます。

算術平均の例

具体的な算術平均の例をみていきましょう。

算術平均の例

(例題)以下の数字の平均は?
1、6、10、12、16

(答)
(1+6+10+12+16) ÷ 5 = 9

これは簡単ですね。

一般的に「平均」という場合は、この算術平均のことを指すことが多いです。

それでは次に、加重平均をみていきます。

加重平均とは

加重平均とは、個々のデータの重みを加味した平均のことです。

字面だけではイメージがつきにくいと思いますので、こちらも具体例とともに見ていきましょう。

加重平均の例

加重平均の例①

・チューハイ 500ml(アルコール度数5%)
・梅酒ロック 200ml(アルコール度数10%)

この両方を飲んだ場合、摂取したアルコールの平均度数は何%になるか。

この場合、「5%と10%だから、平均は7.5%だ!」とはなりませんよね。

なぜならそれぞれ飲んでいる量が異なるからです。

もっと極端な話をしたほうが分かりやすいかもしれません。

次のような例もみていきましょう。

加重平均の例②

・ウイスキー  30ml (アルコール度数40%)
・チューハイ 1000ml (アルコール度数5%)

この両方を飲んだ場合、摂取したアルコールの平均度数は何%になるか。

この場合、摂取したアルコールの平均度数は、「40%と5%だから足して2で割って22.5%だ!」ともなりませんよね。

明らかにチューハイばかりたくさん飲んでいるので、そんなに平均度数は高くならないはずです。

このような場合、個々のデータの重みを加味しなければなりません

今回のケースでは、お酒を飲んだ全ての量のうち、それぞれの度数のお酒を何ml摂取したのかがその重みとなります。

例1の場合、チューハイに含まれるアルコールの量は、500mlの5%なので、25mlです。

梅酒ロックに含まれるアルコールの量は、200mlの10%なので、20mlです。

つまり、アルコールの量の合計は、25+20=45mlとなります。

そして、飲んだ酒の量の合計は、500+200=700mlです。

そのため、45÷700≓0.064(=6.4%)となるのです。

例2の場合、ウイスキーに含まれるアルコールの量は、30mlの40%なので、12mlです。

チューハイに含まれるアルコールの量は、1000mlの5%なので、50mlです。

つまりアルコールの量の合計は、12+50=62mlとなります。

そして、飲んだ酒の量の合計は、30+1000=1030mlです。

そのため、62÷1030≓0.06(=6%)となります。

これが加重平均の考え方です。

加重平均が使われる場面

算術平均は多くの場面で使用される一般的な平均ですが、加重平均はどのような場面で使用されるのでしょうか。

先ほど例に挙げたお酒の平均アルコール度数だけでは分かりにくいかもしれないので、いくつかの例をご紹介します。

加重平均が使われる場面の例

・とある学校にて、A組、B組、C組の身長の平均を使って、学年全体の身長の平均を求める場合。
・とあるパン屋にて、「クロワッサン」と「カレーパン」、「サンドイッチ」の一日の平均売上を考える場合。
・とあるメーカーにて、様々な製品の平均の歩留まり率を計算する場合。

それぞれ、クラスによって人数が変わったり、パンの売れた個数が変わったりする可能性もあるので、データの重みを考える必要があります。

そのため、このような場面でも加重平均は使われるのです。

ビジネスの場でも活用できる計算方法なので、是非この機会に覚えておきましょう!

↓この記事を読んだ方の多くは、以下の記事も読んでいます。

統計検定3級の重要用語一気読み!【統計検定3級のキホン】

たった3日で統計調査士を取得した勉強法をご紹介!【統計検定】

統計検定2級の学習にオススメのコンテンツまとめ!

データ分析を学びたい方へ

最後まで読んでいただきありがとうございます!管理人のにっしーです!

私は現在、フリーランスとしてデータ分析の仕事をしています。

しかし最初は、未経験スタートだったので、周囲との差もあり非常に大変な思いをしました。。

もし今転職をやり直すならば、あらかじめスクールに通って、ある程度知識を付けたうえで転職すると思います。

データ分析を仕事にしたい方は、一度データミックスの無料説明会に参加してみるのがオススメです!

話を聞くだけでも、自分のキャリアを考えるいいキッカケになると思いますよ!


▼無料で説明会に参加したい方は、以下のURLから!▼
 

>>【データミックス】データサイエンティスト育成スクールの無料説明会参加
 

~オススメポイント~

  1. 年間2200名の社会人が受講している日本屈指のデータサイエンススクールなので安心!
  2. データサイエンスの基礎や、Excelでのデータ分析など講座の種類が豊富!
  3. 参加無料の説明会、体験会がある!
  4. スクールにありがちなしつこい勧誘がない(←ココ重要!)
  • この記事を書いた人

Nissy

同志社大学卒。 人事・経理、コンサルを経験し、現在はWebマーケティングやSEOライター、ブログ運営など、幅広い活動をしています。 【保有資格】 統計検定2級 統計調査士 ビジネス統計スペシャリスト ウェブ解析士 GAIQ(GoogleAnalytics個人認定資格) 全日本SEO協会認定SEOコンサルタント

-統計学
-, ,